奈良から発信。人を大切にするホリスティック経営。ワークライフバランスとダイバーシティが中小企業を救う!

1億総活躍プラン(5)10 年先の未来を見据えたロードマップ

1億総活躍プラン(5)10 年先の未来を見据えたロードマップ

目標に応じた対応策の提示

3つの大きな目標の達成に向けて、具体的にどのような施策をいつ実行する
のか

GDP600 兆円

成長戦略の加速等

個人消費の喚起」

希望出生率 1.8

結婚

妊娠・出産・子育て

ひとり親家庭

介護離職ゼロ

介護サービスの提供側

介護に取り組む家族

約6割の介護離職者の方が介護と仕事の両立が困難だったとしており、「介護と仕事を両立」できるよう、「介護休業・休暇の利用率向上」、「長時間労働の是正」及び「柔軟な就労形態の利用率向上」に向けた対応策が必要である。

高齢者等

時間軸と指標を持った対応策

①国民生活における課題
②今後の対応の方向性
③具体的な施策

「戦後最大の名目 GDP600 兆円」
平成28 年度(2016 年度)から平成 33 年度(2021 年度)の6年間

「希望出生率1.8」、「介護離職ゼロ」
平成 28 年度(2016 年度)から平成 37 年度(2025 年度)の 10 年間

コメント


認証コード2207

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional